ドアトリム−ダミー側突衝撃試験解析

例題389のモデルとLSTCのES-2reダミーモデルを用いて、側突スレッド試験解析を行いました。 シートベルトにはフォースリミッタ―付のプリテンショナー、リトラクタ―を織込んであります。 例題389のドアトリム単体試験と比較して、ダミーの傷害値に及ぼすドアトリムの影響を、より直接的に知る事ができ、側突対策の効果を車両試験に近い形で見極める事が可能になります。 またドアトリム単体試験では確認が難しかった、ダミー各部位が同時にあるいは時間差で衝突する様子を確認でき、対策範囲の妥当性の検討も行えます。過剰な弱体化を防ぎ、耐久性・剛性確保との両立といった、総合的な設計判断を助ける材料となると考えられます。

Keywords: Door Trim, Side Impact Crash Test, Sled test, LSTC ES-2re Dummy Model, Seatbelt Pretensioner, Seatbelt Retractor, Force Limiter

Tool: Hyperworks v11, LS-PrePost ver.4.1Beta

なお,本事例はサンプルであることをご了承下さい。

November-07-2013

 Side Impact Crash Test
Fig.1 Side Impact Crash Test

 Side Impact Crash Test
Fig.2 Side Impact Crash Test / Onboard View

 Side Impact Crash Test
Fig.3 Side Impact Crash Test / Effective STress

例題396へ 例題398へ